« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

警察が来たぁ?

夜が明けるのが大分早くなったが、まだ夏のようにはいかぬ。
海岸を走り、帰りがてらにきっちんがーでんに下りて野菜を収穫して、筋トレの後入浴。
朝餉はこれらの食材を駆使してフルコースを作るから、結構時間は掛る。
それでも一日の始まりだから、楽しんで作る。
すると突然チャイムが鳴った。
TVカメラではないが、円形の建物は、家具の硝子に反射して奥に座っていても誰が来たかが分かる。
電気代もTV代も要らずして、しかも故障の心配もない。
 ポリスマンみたい? はてなんの用事かな?
「4月に赴任したのですが、なにか変わったことはないですか」
そういえば、前任者もちゃんと来たんだっけねと思い出した。
「柔道をしてましたよ」
そう、警察官は柔道か剣道のどちらかの有段者なのだ。
「Yさんが栄転されたから、練習が出来てないのよね」
早速武道の練習相手が出来たことを喜ぶと、
「最近動かしてないですから、練習してきます」
頼もしいですね、警察官がウロウロしていただけると、用心もいいですからね。

|

鶯の初鳴き

夜が白んできたのでPC作業を終了させた。
月曜はゴミの日なので、袋をぶら下げステーションに向かった。
どーむは丘の上、海が見下ろせる敷地に沿った坂道を走っていると、「ホ、ホッケ」という声に続いて
「ホーホケキョ」の歌声がした。
どーむの椿の木の当たりだ。
春の使者の声、今年は昨年より早い。
さすが、ヒロシマ最南端の島だ。
全国的に大雪だというのに、今年は軽く吹雪いただけで、ありがたい!
このまま春に突入にならないかな。
2012220garden_029
甘夏がたわわに実った クエン酸が多いから甘いものが好きなメジロにやられることはない
201224garden_006
メジロに喰いちゃちゃくられた大津4号 見事ですねぇ


|

春を見つけた

久しぶりの日曜日、昨日の吹雪が嘘のような静けさだ。
きっちんがーでんへのアプローチを歩んでいたら、「オオイヌノフグリ」を見つけた。
雪が吹き付けていたのに、咲いていたのかしらん。
ブロッコリーも黄色い花をつけている。
だがさすがに昨日は寒かったのだろう、ソラマメがしおれていた。
大丈夫かしらん?
豊後梅の白い花がチラホラ、綻びかけて凛とした香りを漂わせている。
まだ鶯は来ないのかな。
空は真っ青で、海もキラキラ輝いている。
一年中で一番清々しい季節だ。
2012220garden_025_4
2012220garden_028
今年も美味しい梅干が出来ますように


|

春の遣い

立春が過ぎたキッチンガーデンは、早、春の足音がする。
201224garden_018
蕗の薹がそこここに芽を出していて、嬉しくなる。幾つか採って天婦羅にし、熱々うどんの具にしたらご機嫌。
梅の蕾も膨らみ始め、春はそこまで来ているのだ。素人には出来ないと思った麦も2種類(小麦、裸麦)が
元気に育っている。豆類は寒空をものともせずに、成長を続けているから驚きだ。
ジャガイモは葉が霜で消えてしまったが、地下で眠っているのかもしれない。大根、蕪、人参は見事な出来栄え。
健康で美味しい野菜を調理出来て、タラフク食べれるのは、一種の至福かもしれない。
 

|

やったねぇベルリン映画祭

「最近外へ動いてませんよ」と直人くん
「そうかな・・・そうね」昨年は国内に燻っておったのだ。
「ベルリンへいきましょうよ」
ベルリンの壁が破られたという感動が、思い出される。
怪我している身なんで、冷えるところはブーイングでもあるんだが、これは企業秘密なんだな。
ところが、本当にそうなったんだ。
「ノミネートされました」と連絡がきたんで、古代米でこさえた大吟醸酒、私のお酒「ミラクルブルー」を送った。
すると大阪の谷町線の地下鉄のホームを歩いていたら、マスコミから電話がきた。
「どーむでソーラー版画してましたよね」
ありゃりゃ、よく知っている。
「はい、才能あるやんちゃな子でしたよ」 
  201225chugoku
青い羽音を聞けるのは、素敵な迎春だ 次期世代の若者たちよ大きくはばたいて!


|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »